木蓮と辛夷
20180328


日に日に春めいてきました。
庭の草木も新芽が出てきて、やーっと寒かった冬が終わったなぁと感じています。

先日、木蓮にしては小さいなー と調べてみた木が辛夷(こぶし)だったことを初めて知りました。
辛夷の方が花が小さく、花の下に一枚だけ葉があるようです。
言われてみればその通りで、ご近所さんの木、木蓮だと思い込んでいましたが辛夷でした・・・
亡くなった祖父は樹木に詳しく、ことあるごとに豆知識を教えてくれました。
教えたったやろうと、今頃笑われていそうです💦

_
img_1491195_48798272_5.jpg_img_0.jpg_________

_
(左が白木蓮、右が辛夷です。雰囲気似てますよね! ※画像はお借りしました。)

_
_

補修
20180313


生田の家に住み始めて1年9カ月。
既製品が少なく塗装で仕上げた部分が多いので、ところどころ塗装が剥がれたところが目につくようになってきました。
傷は小さいうちに補修するのがベストなので、塗装屋さんが置いて行ってくれた塗料でタッチアップ補修。
_
過敏になりすぎない範囲で傷をつけないよう汚さないよう暮らしていますが、生活する以上無理な話です。
経年変化を受け入れつつ、補修の術も学び、バランスよく家も歳を取らせてあげたいです。
_
_
IMG_3308.JPGIMG_3311.JPGIMG_3312.JPG_________

(竣工時、大体の現場では塗装屋さんが塗料を置いていってくれます。調合した色の場合大変貴重な塗料です!)

_
_

雛祭り
20180306


今週は予報に反して晴れの日が増えましたね。
雨が続くと思っていたので日曜日に早々とお雛様を片付けました。
片付けが済んですっきりした半面、あまりにも早く仕舞いすぎたかな…と寂しくもあります。

片付けと言っても、我が家は親王飾り。
私が生まれた時に買ってもらったものなので37年物です。
当時は段飾りが主流で、友達の家の立派な7段飾りのお雛様が羨ましく、
どうしてうちは段飾りじゃないのと毎年母に文句を言ったことを思い出します…
母の合理的な判断のもと(飾るのも仕舞うのも簡単、場所を取らないなどなど)親王飾りになったのですが、
今ではその判断に感謝しています。
親王飾りでも、よしやるぞ!という気合が必要な私なので。
_
娘にも引継げるよう大切にしていきたいです。


__________IMG_2875.JPG
_
(ぼんぼりと赤い緋毛氈はさすがに古くなってきてので最近使っていません。徐々に買い替えたいです。)
_