斜め
20200616


何のことかというと…


__
IMG-2006.JPG
_

__
ダイニングテーブルの置き方です。

_
コロナで自粛中は毎日過ごす部屋の雰囲気を変えたくて家具の配置など試行錯誤していました。
ローテーブルはついついモノを置いてしまうのでなくすことにして、
ダイニングテーブルも少し角度を振って置いてみると随分部屋が広く感じます。
ラグも夏用に変えました。_
_

_
IMG-2002.JPG_


___
斜め、なかなかいいですよ。
お試しください!


_






20200612


生田の家が竣工して丸4年となりました。
(リノベーションから丸4年、新築当初からは築40年です。)
内部外部ともに竣工当時から特に汚れが目立つことなく暮らせています。
やっぱり素材選びは大事ですね。
_
1点、ものすごく変化したのは庭です。
竣工した2016年は、荒れ果てた庭をきれいにすることで精一杯でしたが、
2017年初夏から気になる樹木を徐々に植え始めました。
_
_
2017年6月の様子…

IMG-9271.JPG
_
_
そして3年後の現在…
_
_
IMG-1984.JPG


私自身も驚くくらい大きく育ちました。
今は新たに植えずに、剪定をしながら樹形を整えています。(夫が…)

_
デッキで家族だけでバーベキューをしたり、庭木を剪定したり、畑を作ったりと、
外出自粛の中、この庭の存在は良いストレス発散になりました。
打ちっ放しに行けない夫は庭にゴルフネットを設置しましたよ。
_

_
我が家の周辺は、駅からの急勾配の坂、急行が停まらない駅、ちょっと細い道…などの条件で、
都心から30分以内の割には周辺に比べて地価の安い地域です。
でも自然豊かな環境で、広い庭がある中古住宅をリノベーションするという選択したことを、
この状況の中、心から良かったと思えました。
(都心で持ち家をお考えの方はこちらの記事もどうぞ 👉中古プレハブ住宅のリノベーション -生田の家ー

_
_
コロナをきっかけに自宅のワークスペースを整えたり、仕事場のある自宅を建てようと考える方が増えています。
今までとは少し違った目線で住環境を考え直してみるのはいかがでしょうか。
_

IMG-1987.JPG_IMG-1533.JPG
_
左:紫の花はイングリッシュラベンダー。木の足元にも様々な植物を植えています。
右:自粛期間中の散歩風景。
_
_
_
県の移動自粛解除になりましたら、菰野の家に植樹に行きます。
やりがいのある庭なのでとても楽しみです!


_