庭石
20200328


皆さんの周囲では新型コロナウィルスの影響はいかがでしょうか。
今週の土日は弊社のある神奈川県でも外出自粛となりました。
夫婦ともになるべく土日は仕事を入れずに、家族で出かけることを楽しみにしていますが、
今週は自宅のインテリアを見直したり、庭を掃除したりして、過ごそうと思っています。

こんな状況の中、多くを過ごす自宅やSOHOのリフォームを検討する方も増えていると聞きます。
今すぐ工事に取り掛かることは難しいですが(資材が不足していて工事に入れない方も多いらしいです。)、
検討される良い機会だと思います。
ご相談あればぜひぜひ弊社にお声掛けくださいね (笑)


さて、進行中の菰野の家ですが、
先週末は庭石の配置を決めるために現場に行ってきました。
_

DSC05950.JPG

_
↑こちらの細かい要望に、嫌な顔せず答えてくれる外構屋さん。
重機や石の扱いを間違えると外壁やガラスを壊すような、建物と至近距離での作業です。
お施主さんもハラハラされていたと思います。

_
そして、

_
DSC05947.JPG

_
玄関ホールからの見え方もばっちりにおさまりました。
わざわざ行った甲斐がありました!
(見えづらいですね・・・ 竣工写真をお楽しみに!)

_
先週紹介した両親の部屋のラーチ天井も塗装されていました。

__
DSC05891.JPG_


良い雰囲気になりそうです。

こんな状況の中、工期に間に合わせようと必死に頑張ってくれている施工者さんたちに感謝です‼
_


_





天井いろいろ
20200320


_
弊社では、基本的に木造では、
天井は構造材を現しのまま塗装無しで仕上げることが多いです。
コストも工期も抑えることができ合理的ですし、
何より空間に無駄が無く、おおらかな雰囲気を味わってもらえます。

_
DSC05833.JPG_
_
_
菰野の家だと、LDKや寝室、プレイルームが構造あらわしです。


ただ、あらわしになる部分が複雑な組み方になってしまい
ホコリがたまってしまうという理由や(←外部だと特にこの理由です。蜘蛛の巣などの虫害もあります)、
建築基準法で定められている『キッチンがガス仕様である最上階以外の階では、基本的に木材が使えない(法的な対処方法はありますが)』
などの理由で部屋によっては天井材を貼ります。
菰野の家ではIH調理器のため、LDKでも構造あらわしが実現出来ました。


そういった理由から天井を貼るところでは、クロスや塗装仕上げにすることが多いですが、
インテリアデザインの観点から他の材料も使います。
例えば、進行中の菰野の家では…

_
DSC05855.JPGDSC05843.JPGIMG-1063.JPG


左:両親の部屋は落ち着くラーチ合板貼り これから茶色の塗装します。
中:子供室は木毛セメント板ラフさがいい味を出します。お施主さんの奥様も気に入ってくださいました!
右:アプローチ兼駐車場スペースの軒天井。黒塗装ですが艶ありとすることで太陽の光を反射しています。



同じ家の中で、いろんな雰囲気を味わってもらえると思います。
これから家を建てる、リノベーションを考えている という方の参考にしてもらえると嬉しいです!



・・・実は貼り方にもものすごくこだわってもらっているので、
暮らしながらお施主さんにふと気づいてもらえると設計者・施工者冥利に尽きます✋







_
_
_

__