20220415

現地審査


某建築賞の現地審査で菰野の家に行ってきました。

当日はお施主様家族と現場監督にもお話しして頂き、
審査員の方々の質問へのご対応ありがとうございました!

良い結果が出ますように‼




20220311

最近


先日、プレゼンテーションをしました。
いつもながら生みの苦しみを味わいながら、
自信をもって提案できるものをお見せすることができました。


SDGsがだんだんと暮らしに定着してきていますが、
持続可能なためには、そもそも長く使っていただける建物をつくることが重要です。
経年変化が味わいになり愛着が増し、フレキシブルであり、メンテナンスが容易であることなどなど…

スクラップビルドの時代ではないので、
「新しく建てる」という責任を考えていかなければいけませんね。

スタディ案が並びます。模型作りは没頭できる作業です。模型とCG、両方お見せすることを大事にしています。




20220124

明けました


今年も 『目の前のことに全力で』 取り組んでまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。


先日はとても共感できるお考えをお持ちの事業主さまとお話しする機会がありました。
事業の採算性はもちろんのこと、
地域に貢献したいという思いをひとつひとつの建物づくりに少しづつでも込められれば、
まちのあり方が変わっていくはずです。

小さな設計事務所の力は微々たるものですが、
そこで暮らしたり働くお施主様だけでなく、
その建物を訪れたり通りかかったりした誰かの琴線に触れられるような建物を設計していきたいです。



📷ブラインドを上げると青空でした。生田の家の2階からの風景です。






20211217

『住む。』80号


お久しぶりです。

『住む。』80号で事務所紹して頂いています。(ものすごく小さいですが!)
この雑誌は、私がちょうど社会人として設計事務所で働き始めたころ創刊されました。(調べると2002年)
こういったテイストでまとめられた住宅系の専門雑誌はそれまで無かったように記憶しています。
新鮮で事務所や書店でよく手に取っていました。最近は無印にも置いてあるそうですね。

そろそろ店頭にも並ぶ頃かと。
特集にある池辺陽さんの最小限住宅カッコいいです!
ぜひ手に取ってみてください。


追記:雑誌内の事務所説明で休日が土日祝となっていますがお施主さんの都合に合わせて随時稼働してい  
   ます。お気軽にお問い合わせください!




20210802

ありがとうございます!


先々週あたりからHPが閲覧不可になっておりました。
お越しいただいた皆さま失礼いたしました。
無事復旧しました‼
復旧作業中にお客様から贈り物が届き、ものすごく癒されました(涙)
今日は弟夫婦から三重の美味しいものが届き…ありがたい。
本日から緊急事態宣言が始まりましたが、美味しいものを食べ、
感染に注意して何かしら楽しみを見つけながら過ごしたいです。